東京さ、行くだ!!

毎度お世話になります。

久々の投稿に更新のやり方を忘れてしまいそうな末広二郎です。

皆様、蒸し暑い日が続きますがお体大丈夫でしょうか? 私は、年々体力が、特に腰が不安です。

 

 

さて、5月のそよ風コンサート「笑顔になる時間」を終え、次は何をしようか?いろいろと考えていました。

 

そんな中、今年も地震が起きましたね。 令和元年山形県沖地震。

しかも、去年の大阪府北部地震と同じ6月18日。 なんという偶然。 ほんまに偶然?と疑いたくなります。

もし、地元で災害が起きたらどうなんだろう? 何か出来ることあるの?

 

安心して笑顔で暮らせる街づくりを使命にしてるすえひろでんきです。

ですから、電器屋なのにコンサートを開催しちゃいました。

そんなすえひろでんきが出来ること。

 

でも、災害が起きてしまったら残念ながら大して何も出来ないと思います。

皆さん。 こんな数字知ってます?

私はこの間まで知りませんでした。。。

実際、震災が起きたら公的な機関が助けれる数には限りがあるということです。その数はなんと2.5%しかないということです。

正直、ビックリしました。災害が起こるとテレビとかでレスキューに救われる人たちの報道をよく見ます。 あの様子からはこんな数字想像できません。。。

当然、レスキューの方々は必死に活動されてると思います。

ただ、絶対的に災害時に対応できる数が足りてないということです。

   じゃあどうするの? 

         それは自分で身を守ったり、近所で助け合うこと。

  そのためにみんなで知識を持ったり、災害に備えることが大事だと思います。

 

そう  備えたり、学んだりすることはできるんです。

 

その勉強をする為に明日、お休みを頂きます。

「防災対策士」

しっかり勉強してきますね。

 

資格取得できたらすえひろでんきで「防災教室」を開催していきたいと思っております。

その際はぜひご参加下さいませ。

皆さんで勉強して安心して暮らせる街にしましょうね。

 

では、ブログももう少しまめに更新できますように。。。。